生活

新500円の発行はいつ?デザインの違いは?

4月9日に新500円玉の構造について、麻生太郎氏から発表がありました。

気になる内容ですが、新500円玉は偽装防止のために2色構造に変更をするという内容でした。

これにより今までより硬貨の偽装を行うことは困難になりました。

「新硬貨はいつから発行されるのか」「現在の500円玉のデザインとどう違うのか」気になりますよね?

そこで今回新500円玉の発行はいつなのか、また現在の500円玉とのデザインの違いはあるのか調査してきました。

それでは見ていきましょう!

ネットでは麻生さんの顔より、新500円玉のほうがでかく財布に入らないと話題になっています(笑)

この大きさじゃ盗み、偽造は困難ですね(棒)

 

 

新500円の発行はいつ?

新500円の発行日ですが、現時点では政府が4月9日新しい500円硬貨を2021年度上期をめどに発行すると発表しました。

新技術として2色3層構造を採用するなど、さまざまな偽造防止対策を施します。500円硬貨の刷新(新しく発行すること)は2000年に登場した現行硬貨以来です。

約21年ぶりに新たな硬貨を発行することになります。

約2年後に新しい500円玉は我々の生活に出回るわけです。現在の500円玉は引き続き使用可能ですが、時間が経つにつれ貴重な硬貨になるので記念に1枚保管してみてもいいかもしれません。

 

デザインの違いは?

現在発行されている500円玉と新500円玉はどう違うのでしょうか?

新500円玉の大きな変更点は2つありました。順番に紹介していきます。

1 2色構造

新500円玉の特徴は「バイカラー・クラッド」と呼ぶ新技術を導入していて、銅を白銅でサンドイッチ→これをニッケル黄銅にはめ込む形により、外観はニッケル黄銅と白銅の2色に見え、その中身は3層になっているようです。

ATMや自動販売機などでは偽造硬貨を合金の電気伝導率などから判別しているので、素材を複雑に組み合わせることで、より偽造防止効果を高めるようです。

偽造対策は現在の500円玉より、はるかに技術があがったことがわかりますね!

 

2 異形(斜めギザ)を導入

新500円玉は貨幣の縁のギザギザとして、新たに「異形(いけい)斜めギザ」を導入しています。

部分によってギザギザの目などが異なるというもので、貨幣への採用は世界初だとしています。

また、貨幣の縁の内側には新たに微細文字も加工して入れており、表面には製造年として新元号「令和」が刻印されます。

新しい年号「令和」が硬貨に刻印されるということで、平成の終わりをどこか感じてしまいます。

 

まとめ

今回は新500円玉の発行日とデザインについて紹介してきました。

発行日は2021年と、あと2年後に発行予定とのことでした。今の500円玉のデザインと変わっている箇所が何個かあり、偽造防止効果や斜めギザなど新たな技術が取り入れられています。

今から発行日が楽しみな一方、現在の500円玉とお別れとなると少し寂しい気持ちもあります。

記念に1枚保管してみてはいかがでしょうか?