季節ネタ

GW2019 日帰り旅行できる茨城のオススメスポット5選!

2019年のGWは史上初の10連休になることが決定しました。

あなたはこの10連休何か予定がありますか?

「まだないよ!」「10連休もあっても困るよ!」という悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで今回2019年のGWで、東京から日帰りで行けるスポットを紹介していきます。

気軽に思い立ったら、旅行に行けるので10連休の予定もすぐに埋まること間違いなし!

なお今回は「茨城」のオススメスポットを紹介していきます。それでは見ていきましょう!

 

GW2019 日帰りで行ける茨城のオススメスポット5選

1 国営ひたち海浜公園

開園面積約200ヘクタールもあり、園内には各所に大規模な花畑があり四季折々の草花を楽しむことができます。

特に春に咲くネモフィラは、みはらしの丘一面が青く染まり、空と海の青と溶け合う風景を一望できます。

海抜100mからの眺望を楽しめる大観覧車をはじめ、28種類のアトラクションが揃う遊園地「プレジャーガーデン」のほか、林間アスレチック広場やバーベキュー広場など、食事・スポーツ・ピクニックなど1日中楽しめる場所となっています。

<基本情報>
住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間 9:30~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は開園し翌日休)
アクセス JR勝田駅より茨城交通バス海浜公園行きにて約15分「海浜公園口」「海浜公園南口」下車

 

2 アクアワールド茨城県大洗水族館

日本一のサメの飼育数を誇り、マンボウやラッコなど約580種68、000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館です。

人気は1日4回開催される「イルカ・アシカオーシャンライブ」。バックに大洗の海を望めるホールで、ユーモラスなアシカやダイナミックなイルカの演技が繰り広げられます。

個人的に水族館に入ってすぐの「出会いの海」エリアが好きです!巨大な水槽にサメやマンボウなどの魚たちがお出迎えしてくれます!

<基本情報>

住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
営業時間 9:00~17:00(入場~16:00)
定休日 なし
料金 大人1,850円 小中学生930円 幼児(3歳以上)310円
アクセス 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」よりバスで15分

3 大洗磯前神社

パワースポットとして有名な神社で、主祭神に大己貴命(オオナムチノミコト)をお祀りしており、配祀神(はいししん)に彦名命(スクナヒコナノミコト)をお祀りしている神社です。
参拝の御利益としては、商売繁盛・福徳円満・病難治療・漁業・農業・酒造・良縁成就・知徳剛健・開運厄除・家内安全と、さまざまな願いに応えてくれる神社です。

この神社はアニメ「ガルパン」の聖地として有名で、「ガルパン神社」とよばれています。

<基本情報>
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
営業時間 拝観:自由
アクセス 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅から循環バス海遊号で15分(大洗磯前神社下バス停下車)

 

4 那珂湊おさかな市場

隣接する那珂湊港で水揚げされたばかりの魚介類が並ぶ、関東有数の観光市場です。

毎朝9時半にここで水揚げされたばかりの魚が競り落とされた後、そのままお店に並ぶので鮮度の良さは抜群でそして値段がとても安いです!

寿司やあんこう鍋を味わえる飲食店もあり、とにかく新鮮でおいしいのでとても人気のスポットとなっています。

<基本情報>
住所 茨城県ひたちなか市湊本町19-8
アクセス JR常磐線(勝田駅)-ひたちなか海浜鉄道湊線(那珂湊駅)下車 10分
定休日 店により異なる (GW期間中は全店営業)

5 袋田の滝

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。

四季の変化により、滝の周りの景色が変わり雰囲気がガラリと変わります。なので1年中楽しめるスポットとなっています。

<基本情報>

住所 茨城県久慈郡大子町大字大子866
アクセス JR水郡線「袋田駅」下車、徒歩約42分。バス・タクシー利用で約7~10分。
営業時間 午前8時から午後6時(5月から10月)
料金 大人300円 子供150円

 

まとめ

今回は2019のGWに日帰りで行ける茨城のおすすめスポットを紹介してきました。

今回紹介したスポットは個人的に行ってよかった場所なので、ぜひ気になった方は足を運んで見てください!